bach フラワーレメディ

フラワーレメディとは・・・

バッチフラワーレメディは、約80年前の1936年、イギリスで生まれた自然療法です。

考案したのは医師であり、細菌学者、病理学者でもあったエドワード・バッチ博士です。

博士は高名な医師でしたが、患者の訴えに耳を傾けるうち、従来の診断法・治療法に限界を感じ、自身で新しい治療法を模索するようになります。

そして野生の植物に心や感情を癒す不思議な力があることに注目しました。

38種類のハーブから抽出されたエッセンスを飲んで、マイナス感情を和らげていく方法が、バッチフラワーレメディです。

バッチフラワーレメディは、薬ではないため、副作用や依存性もなく、家庭でも手軽に使えることができます。

思いがけず不快な気分になったとき、病院に行かれない夜間や休日も、バッチフラワーレメディがあれば、まずは気持ちを落ち着かせることができます。

60カ国以上の国々で医師や看護師、獣医師などにもしようされており、英国では薬局を中心に5000以上のお店で取り扱われています。

<フラワーレメディの特徴>

☆①害や副作用がない、安心安全なレメディ☆

レメディは、害や副作用がなく、安心してお使い頂けます。

38種類と緊張、ストレス時のためのレスキューレメディがあり、その中から必要なものを選び、使うことが出来ます。

自分に合っていないものを選んだとしても、変化が何も起こらないだけなので、安心です。

 

☆②誰でもどこでもつかえる☆

レメディは、どんな状況でも赤ちゃんからご高齢の方、妊娠中の方、中の方、ペットや植物にもお使い頂けます。

 

☆③心や感情に作用し、本来の状態を取り戻す☆

レメディは、心や精神状態に作用するものです。バランスを崩した状態からレメディをとることで、本来の元気で安らかな心の状態に戻って行きます。

 

☆④依存性や習慣性がない☆

レメディは依存性や習慣性がありません。心が安定すれば止めても構いません。再びバランスを崩すようなことがあれば、再度使用すれば良いです。

 

☆⑤どんな治療法やお薬とも併用出来ます☆

レメディはあらゆる治療法や薬剤と一緒に使うことが出来ます。世界各国の医療現場でも使われており、ほかの治療法と併用されてます。

 

<レメディをつかうと・・・>

☆レメディを使うと、ストレスに強くなります。同じ状況が起きたとしても回復が早くなります。

☆これまで気づかなかった自分の内面に向き合い、気持ちが整理されます。自分を知ることで自分らしく過ごせるようになります。

☆人とのコミュニケーションがとりやすくなります。

など・・・

<こんな時にオススメ>

☆仕事での責任やプレッシャーがあり焦っている。

☆過去の失敗を思い出し前に進めない

☆悩み事、心配事がありなかなか眠れない。

☆イライラしたり、ストレスがたまっている。

☆自分の容姿や能力に自信が持てない。

☆人の意見に影響されやすい

☆自分の意見を押しつけてしまいがち・・・

☆常に緊張している

など・・・